ニートバーでサングリアを飲む

田舎に住んでいる私の行動範囲は狭い。

2つのショッピングモール、図書館、近くの観光地である。

しかし昨日は珍しくお酒を飲む行動に出た。金のもないくせに。。。

友達と大人なバーへ行きお酒をたしなみ、ジジババ以外の人と久々にかかわった

おおおニートにとってはとっても面白い日であったが、やはり外へでると金がかかるということを再認識しこの先必死にメルカリで売りまくってお金を作らなければならない。

でも、、また行きたいな。東京にいた時はしょっちゅう行っていたのに。。。ああ懐かしい。あの頃は働いていたしバーへ行っても罪悪感は全くなかった。

おい!働けよ

という天の声が聞こえそうだな。

いや現実に言われている気がする。親族に・・

まいっか。生きてるだけで幸せ。働かないって幸せ。るるる毎日日曜日

ダメ発言してもいいですかね。

私たちが定年退職するときは70歳ですよね?

あと35年も働くって考えたらさ、今働かなくてもよくない?ていう変なこと考えだした。だってどうせ健康だったら70まで働かなきゃいけないなんて辛すぎる。これからの仕事人生のほうが長いわ!

と思ったら仕事今したくないとか、思ってしまうし、将来を見越した就活しなければならないなんて重いこと考えてたら就職の気力がなくなってしまった。

ああダメ人間だと思うけど、正直に言うとそんなかんじ。

最新情報をチェックしよう!