フィリピン留学の実態

かなり昔から注目されているフィリピン英語について語る。

私は3か月ほどフィリピン留学へ行った過去がある。

なぜフィリピンを選んだのかは理由はただ一つ!格安だからだ。

アイルランドから帰ってきた私は英語力がますます低下。。それを恐れ南米旅行に行く前に3か月だけ英語力を上げに選んだのだ。

ええ旅行前だからお金もないので最低限にしたかったのだ。

フィリピン留学へ行ってみて気づいたことがたくさんあったので、これからフィリピン留学へ行く人や計画している人の役に立てばいいと思う。

実際調べているといいことばかりしか書いていないことが多かったので、自分の実体験をもとに忠実に話していきたい。

そこで今回、フィリピン留学へ行って良かった点と悪かった点を書き出してみる。

良かった点

①韓国人の友達がたくさんできた!

留学中はたくさんの友達が当たり前のようにできる。何年たっても交流している友達がいる。同じルームメイトでほぼ2カ月ほど一緒に過ごした仲間だ。フィリピン留学後にまたフィリピンへ一緒に旅行へ行ったり、韓国行って遊びに行ったり(2回)とりあえず気の合う友達に出会えたのだ。

②青春アゲインをした!

週末は必ずバーやクラブにでかけた。飲んだくれ、踊りまくっていた。そして長い休みはダイビングのライセンス取りに行ったり、無人島へ行ったりとみんなでエンジョイした。年齢とかあんまり関係なしにあそんだなあ。

③スピーキング力が少し上がった!

日本人とつるまずに韓国人としかいなかったせいか英語は毎日使っていた。まあ第二言語同士なので合ってるかかどうかは別として英語に抵抗を感じなくなったし、伝えたい事などあったら調べて使っていたので単語のアウトプットはできていた。

悪かった点

①英語力が上がったのか??

正しい英語!ネイティブイングリッシュスピーカーに通じる英語が習得できたかは疑問である。。。。

②英語中級者にはしんどい

これも学校によるかもしれないけど、、、フィリピン人はネイティブイングリッシュスピーカーではありませんし、先生もチューターといって【先生】ではないのだ。生きている英語や普段使われている英語などを教えてもらえることはない。イギリス人やアメリカ人の先生はいるが、それを選択すると高くなるのが現実だったらほかの英語圏に行ったほうがいいだろう。。。フィリピン人もなまっているのでアメリカ人やイギリス人の英語に慣れている中級者はフィリピンなまりの英語に慣れると大変で、新たに習得してしまいそうだ。

③誘惑が多すぎる

とりあえずみんなでワーワーすることが多いので、固い意志で来ない限りちょっと英語たしなみました。で終わってしまうのが現実。ペラペラになってフィリピンを去っていった人は私の中の記憶ではいない!

④色恋でもめる、トラブルに巻き込まれ

私のいた環境だけかもしれないが、まーーーーでカップルが誕生する。また期間限定のお付き合いの方が多いですが!笑 日×日 日×韓国 韓国×韓国 チューター×生徒。 こんな感じでしたね、私の学校が韓国と日本が半分半分の割合だった。ごくまれに台湾人。でも学校で1-2人しかいなかった。私はトラブルに巻き込まれたタイプなんですがね! 一番仲良かったルームメイトとチューターとの恋のトラブル(ほかの生徒にも手をだしていた奴)との三角関係に巻き込まれ私がアリバイを作る役目だったな。まあ暇だったし別に第三者からみて楽しんでた。しかし恋がからむと女は怖い!ってことが発覚。

⑤年齢層はワカメ

比較的年齢層は若い。20代前半がほとんど。私は28?だったがかなり年長組だった。しかし年長組同士で遊んでいたのまあまあ楽しかった。しかし。。。。30代はマレなので、30代で行くことを計画しているならそういう覚悟も必要ですね。

まとめ!

フィリピン留学はワーホリ前、英語圏の語学留学前、世界一周前に行く前の踏み台として使用する人がほとんどです。なのでペラペラになるなんて淡い期待を抱かないほうが無難。でも中にはマジの学校があるのでマジな人はマジな学校を選べばいいと思う。(IELTS)(TOEIC)コースでがっつりと!友達なんていーらんぺという強い方はおすすめです。その代わり高いですが。。。

つまり、英語ド級の初心者で若くて、意思がしっかりしている人向きなフィリピン留学が向いているなと感じました。私は20代後半で行ったので本当に楽しんる年齢のぎりぎりだったと思う。

大人の方はフィリピン留学ではなくオンライン英会話で済ました方が得策かと思われます。私が今から行こうとは絶対に思わないから30代半ばの友よ。悪いことは言わないからフィリピン留学はしないほうがいい。

次回はフィリピン留学の生活面をお届けしたいと思います。では

最新情報をチェックしよう!

フィリピン留学の最新記事8件