ロシアのキジ島、木造教会の修繕具合2019年6月時点。

2018年のキジ島に関してのブログを見ると、修繕中で残念な姿だということが書かれていて、完成予定は2020年らしい。

だが、私はせっかくロシアに来たからにはキジ島の木造教会を是非みたかった。例えば作りかけでも!

そこで、ライブビューがネットで見れるので現状確認することに。

https://m.webcams.travel/webcam/1242893681-%E5%A4%A9%E6%B0%97-%D0%9E%D1%81%D1%82%D1%80%D0%BE%D0%B2-%D0%9A%D0%B8%D0%B6%D0%B8-%E3%82%AD%E3%82%B8%E5%B3%B6?hl=jaキジ島ウェブカメラ

すると

おや?

もう、ほぼ完成に近くないか?

と思い行くことを決断。

これは大きな決断なのだ。

キジ島に行くには費用がだいたいプラス1万ほどするからだ。

詳しい費用内容はこちら ルーブル表記

モスクワ →ペトロザボーツク 鉄道代 1226

ペトロザボーツク→キジ島 フェリー代 2980

エントランスfee 600

宿代 500

ペトロザボーツク→サンクドペトロブルク 1226

合計6532ルーブル 日本円約11000円だ。

一泊する必要はなく、日帰り可能であるが私は予約していなかった為当日フェリーにのれず、翌日になった為泣く泣く一泊した。

注、日帰りの方は必ず予約入れましょう。さもないと私のような目に、、

フェリーは3社くらいあってみんな同じ値段だったからどこでもいーと思う。ただ、みんなが使うグリーンのカレリアはロシア語オンリーのツアー。

たぶん赤いバイキングていう会社は英語の案内あると思う!オススメは赤いバイキング

私はカレリアホテルのフェリーしてしまった。

写真の左にある緑の屋根のツアーは小型フェリー持ってて、だいたいツアーは午前中で終わりなんだけど、急遽ツアー行きたい人用?に4人用の小型フェリーでいけるプランがあるようだ。

当日私はこれで行こうと思ったが4人集まらないと決行しないようでその日わたしだけだったので、夢破れた。

しかし金額は4000とお高め。しかも滞在時間短いとのこと。

さて、小型フェリーにもあぶれた私。もう無理だ。

すでに、ペトロザボーツクからサンクドペトロブルクまでのチケットを購入していた私はフェリーに乗れなかったので延泊までして行くかとても悩んだ。

なぜならばこんなに理由があるのだ。

①チケット代の無駄

②さらに金かかる

③サンクドペトロブルクの観光日が一日になる

④サンクドペトロブルクの宿キャンセル不可

でも、やっぱり、見たいって気持ちが大きくて延泊することにした。

延泊にあたって無駄を減らす作業。

①チケット代の無駄

→鉄道のオフィシャルページからrefundを申し込み新しいチケット購入。いくら返ってくるのかわからないけど、、

②さらに金かかる

→他で減らす努力。次の国で頑張ろう。

③サンクドペトロブルクの観光日が一日になる

→フィンランドから日帰りで観光する人多いからいけるかも!

④サンクドペトロブルクの宿キャンセル不可

→booking.comで予約していた為、奥の手使い、ホステルに直接メッセージ送って無料キャンセルしてもらった。

少しマイナスだったけど、最小限にできたと思う。

ここまでして行きたい理由はと聞かれると、行ったら答えが出ると思う!

新しい宿をすぐに予約した。

余談だけど、最近のドミトリーカプセル型だったり、カーテン付きが多い。プライベート保てていーよね。

今回はフェリー乗り場から近くのお宿

Anchor park capsule hostel にしました。

お洒落なカプセル型ホステル。たぶん2部屋しかないこじんまり系だけど、全部整ってて、綺麗で文句なし!。しかもオシャレだわ。そして、ホステルの人もオシャレだった。

そんなこんなで翌日張り切って出かけた。

今のところロシアって午後に晴れること多かったので12:30発のプランにした。

そして、船に乗り込みいよいよ島へ

ワクワク

2時間弱で島に到着

早速教会に向かう。

おお!ほぼ完成に近い状態ではないか!

美しい、美しすぎる

あー。来てよかった。

少しお金無駄になったけど、よかった。

グループ分けされて、島の中のツアー開始。全然わかんねー。ロシア語。まるで私が宇宙人のようだった。

いろんなグループに顔出し、自由時間をまった。

あーなんて平和な村なんだ。

しかし、これ木で出来てるってすごいな。

この木の板が重なってできてるみたい。

これミニチュア版。なるへそーって感じ

とりあえず読んだ通り午前中は曇りで午後晴天でした。

ユネスコらしいですね。

そりゃそうだ。

だってすごいもん。

ということで、かなりおすすめです。

1万円かける価値あるかと言われたら、、

私はありました!

帰り道は少し逆光気味。

時間が余ったのでカフェでパンを喰らい帰る。

さて!サンクドペトロブルにいくか!

つづく

最新情報をチェックしよう!