ニュージーランドのキャンプサイトを探せる無料最強アプリ

ニュージランドは各地に数えきれないほどのキャンプサイトがあり、また無料や有料、設備の充実さも様々です。そんな時自分が求めているキャンプサイトがどこにあるのか、など一括で見れるCamperMateというアプリがあります。ニュージランドでキャンプ旅をするなら必須アプリなので今回はこのCamperMateの紹介をしたいと思います。

【CamperMateの特徴】

オフラインで検索可能の無料アプリです。
ニュージーランドはキャンプ大国なので、キャンプにも無料や有料、乗用車用、キャンピングカー用など様々な種類があります。そこで自分が求めているスタイルのキャンプサイトを絞り込むことができます。またキャンプサイトだけでなく、公共トイレやガソリンスタンドなど様々なものも検索できるのも特徴です。しかし日本語版がないため全て英語となっているのがマイナスポイントですが、英語が苦手な方でもアイコンを見れば何を指しているのかすぐに分かります。

【CamperMateの使い方】

①キャンブサイトを検索するにはまず右上にある車のアイコンをタップし、自分の車種を選びフィルターをかけます。
乗用車・トイレ・タンクが付いていない車両はFor non Self-contained Vehiclesを選びます。
トイレ・タンクが付いているキャンピングカーはFor Self-contained Vehiclesを選びます。

②目的エリアにあるアイコンの種類からキャンプサイトを選びます。

緑:フリーキャンプサイト
メリット:なんといっても無料で泊まれるので宿泊費が0円です。
デメリット:街から離れた場所にあったり、早めに行かないとスペースが確保できない場合があります。

青:低コスト(10ドル程度)キャンプサイト
メリット:フリーよりも区画分けがしっかりしていて、場所によってはキッチン完備されている場合もあります。
デメリット:当たり外れがあり、フリーのキャンプサイトと変わらない時もあったのでがっかりしました。

紫色:高級(20ドル〜)キャンプサイト
テントサイトだけでなく、多くはキャビンと言われるコンパクトな部屋でベットが付いている施設も併設されています。
メリット:芝生、キッチン可能、シャワー有り、事前予約もできます。
デメリット:テントサイトでこの金額だったらベッドで寝たいと思いました。

③アイコンをタップするとキャンプサイトの概要を閲覧することができます。

【キャンプサイトの概要のチェックポイント】

英語が苦手な方は迷わずGoogle翻訳を使用しましょう!

①DETAILS(詳細)

・Description
キャンプサイトの説明をしています。
馬の乗り入れ禁止、火を使うな、野生の珍しい鳥が見れる、など禁止事項からおすすめポイントまでテントサイトについての情報が書いてありますので必ずチェックしましょう。

・Summary
設備がアイコンで表示されています。

・$
テントサイトの料金が確認でき、Freeの場合は無料です。

②COMMENTS(クチコミ)
実際にテントサイトに宿泊した人のクチコミが書かれています。
人気のテントサイトだから早めに到着し場所取りをしたほうがいい、テントサイトがクローズしていた、などかなり有益な情報が書かれているのでマストでチェックしましょう。

【その他の便利機能】

キャンプサイトの検索だけでなく様々な検索機能もついていますが私は特に下記の機能を利用しました。

・ガゾリンスタンド
街でガソリンスタンドは比較的よく見かけますが、ニュージーランドは本当に何もない林のような場所や山道なども運転するのでガソリンスタンドのチェックは必要です。

・公共トイレ
緊急に必要なことがあり一番近くにあるトイレを探しました。

・WIFI
友人がSIMカードを購入していなかったのでよく検索していました。

【注意事項】

低コストキャンプサイトよりフリーキャンプサイトの方が悪い条件とは限りらないので施設設備やレビューを確認しどのキャンプサイトにするか決めましょう。季節によって施設が閉まっている場合があるのでしっかりとレビューを確認することが大切です。そしてフリーのキャンプサイトは明るい時間に到着し、テントを立てるのに良いエリアを獲得しましょう。

【キャンパーメイトを実際に使用して・・・】

無料キャンプサイト

私はオークランドに到着した翌日にマタマタ(ホビット村)に行く予定をしていたので、通り道にあるフリーキャンプサイトをCamperMate探しました。コンパクトの乗用車をレンタルしていたので、For non Self-contained Vehiclesで絞りフリーのキャンプサイト(緑)をメインに探していました。そこでちょうど中間地点にあったHauraki District Council Office Carpark-Ngateaというキャンプサイトを見つけ概要を確認すると、
もちろん無料キャンプサイトで画像を見ると芝生で寝れる良いキャンプサイトだったので決めました。テントサイトに芝生があるとクッションの役目があるので、寝る時に背中や腰が痛くなりにくいです。またSummaryのアイコンやコメントを確認すると、ベンチもトイレ、ゴミ捨て場などあり条件がかなり揃っていて無料にしてはかなり良いテントサイトでした。一番最初にいいキャンプサイトに泊まったので気づかなかったのですが、その後いくつか無料のキャンプサイトに止まりましたが、大抵立地が悪く、芝生のエリアはほとんどありませんでした。

低コストキャンプサイト

テ•アナウという町からフィヨルド(ミルフォード•サウンド)を目指し15時頃出発しました。翌日フィヨルドのツアーが9時からだったので出来るだけフィヨルド近くのキャンプサイトを探していました。そこで見つけたのが低コストのUpper Eglinton Campsiteというキャンプサイトで、料金を確認すると18歳以上1泊15ドルでバーベキューエリア、ベンチ、水が補充できる設備がありましたが、あまり無料と変わらないような気がしました。

またクチコミにトイレが汚い割には料金が高いというコメントが多かったのですが、もう日が暮れてしまう寸前だったのでこのキャンプサイトに決めました。実際に行くとかなり広い敷地で、芝生エリアも多く、区画分けがしっかりとされていて安心感がありました。そして料金は15ドルと記載してあったにも関わらず13ドルの請求でした。(理由は未だに分かりません)しかし到着した時刻は18時だったので芝生で平らなエリアは全て埋まっている状態で石がゴロゴロしている条件が悪いエリアが残っていました。クチコミ通りにトイレは汚くこの条件だと無料よりという印象でした。

まとめ

ニュージーランドでキャンプの旅をする人ならば必ずと言っていいほどCamperMateを使用しています。いいキャンプサイトを見つけるには画像・概要・クチコミをしっかり確認することですが、英語オンリーのアプリなので敬遠されがちです。しかし仕組みはシンプルでアイコンを見れば英語が分からなくても理解できるので、このアプリを使い節約しながら快適なキャンプの旅を楽しんでください!

最新情報をチェックしよう!