女バックパッカー必見アイテム

長期海外旅行(激安)で回る女子、その名も女バックパッカーの荷物は何が必要?あれはいる?これはいる?今世界に旅立ちを目前にしている方や予定をたてている女子は必見です。

生理用品

私は旅立ってから1回分は入れますが、あとは必要がないと思います。世界中のナプキンを使ってきた私の経験上、確かに肌触りや吸収力が悪かったりするけれど、全然問題ないレベルです。しかし、タンポンは違います。はっきり言うと日本のタンポンは優しいです、ちゃんとケースに入ってとてもスムーズに入れることができるし、ケースがあることによりここまで入れればオッケーだよという目印もなるので、失敗することがあまりない。しかし!他の国のタンポンは箱を開けるとチョコレートのような包み紙に包まれた単品はひもと脱脂綿だけ。これをみた瞬間時が止まりました。指で押し込むタイプのようで、ちょうどいいスポットまで私の指で脱脂綿を誘導してあげます。しかし、何度も何度もやり直しましたが、一回も上手くできなく、私はあの世界的に有名なブラジルのコパカバーナビーチで悲劇を味わいました。ちょっと痛いままビーチを堪能していました。なので海や温泉行く予定のある方はぜひバックにタンポン1箱忍ばせても損はありません。

ブラ

私はなぜかパンツはユニクロだけど、ブラは6000−8000円くらいする高級ブラを愛用していて、ワイヤーの歪みが怖くてちゃんと手洗いして使っています。そんな私が長期の旅にこの高級ブラを持って行くのかどうかめちゃくちゃ迷いました。まだ自分も若くでキャピキャピしていたので時代。自分にフィットしたブラじゃないと下垂が進むと言うことにびびっているので、実際に持っていきました。しかしバッグパックに高級ブラを入れた瞬間ワイヤーが歪むのは目に見えていたので、アマゾンでブラ収納できる硬いケースを購入しました。

それがめちゃくちゃ邪魔で、旅行中イライラしてました。あとは、男女混合ドミトリーに泊まることが多かったので、こいつを出すときにめちゃくちゃ恥ずかしかったです。もろブラって分かるので、、持っていって後悔しました。

それから私はスポブラ、優秀なノンワイヤーブラを持っていくようになりました。まあ年齢的にも下垂を受け止められる年齢になったせいもありますが。。。

パンツ・インナー

パンツとインナーは綿以外を持っていこう。特にパンツ!旅行中に洗濯機をつかう機会はほぼありませんでした。たまにホステルで無料とかめっちゃ安かったりすると使いますが、ほぼ手洗いです。手洗いだと水切りが甘いのでなかなか乾かないので、冷たいパンツを履くことになるかもしれません。私は旅を重ねて、さまざまなことを経験し、学び、成長した結果、パンツはTバックになりました。全然セクシー系やエロ系になりたくてそうなったわけじゃなくて、Tバックは速乾性を重視した最終形態なのです。皆さんも抵抗がなければ・・・めっちゃおすすめですよ!かさばらないし!

ドライヤー・ストレートアイロンやコテ

バッグパックから上記のものが出てきたら、うわっ女子ーーーって嫌味を言われます。旅人女子は女捨てた=本物の旅人感と言う変なプライド?があるようですね。とにかくうるせって感じですね。私も持っていくときもあれば持っていかない時もあります。中南米はとにかく浮ついた気持ちが多く夜遊びするき満々だったのでドライヤーとアイロンは持っていきました。まあ自分がすごい癖毛(メデューサ)なので、個人的にアイロンがないと寝起きのベートベンになってしまうので・・・。髪の毛に難ありの方は持っていってもいいのではないでしょうか?

基礎化粧品・メイク道具

基礎化粧品はみんなオールインワン的な化粧水を持っていた気がします。ドラックストアで売ってるやっすい感じのやつです。基礎化粧品一式持ってる人は未だかつてみたことありません。化粧水は液体でとにかく重いので少ない方がいいですよね。ちなみに私は皮膚疾患(アトピー)があるのでヒルロイドオンリーでした。50gを4本をちょこちょこ大切に使っていました。

メイク道具は持ってた方がいいと思います!イケメンと急遽遊びにいくときや、夜遊びにいく時、薄いアジア人はアジア以外の人といるとさらに目だ立たなくなるのでここはガツっと強調したいですよね。(持論)以前、現地人に負けないくらい眉毛濃く書いてたら、同じアジア人から強調しすぎ!と笑われました。

服装

個人のスタイルがあるので、なんでもいいと思いますが、私は夏、結構ワンピースやショーパンにタンクトップやTシャツのようなラフな服装が多かった気がします。しかし夏中東に行く時にはやはり体のラインが隠れる肌を見せないような服装にしなければなりません。イランはイスラム国教なので絶対ですが、その他は絶対ではありませんが、ジロジロみられたり、怒られたりするのでゆるっとしたスタイルで風通しがいい長袖を用意しておきましょう。

続く・・・

最新情報をチェックしよう!